セミナー概要

Population Pharmacokinetics/Pharmacodynamics、Modeling & Simulationの臨床試験への効果的適用を目的とした、少人数のワークショップ、実際にPCおよびソフトウエア(NONMEM等)を用いた演習セミナーです。

対象 医薬品の臨床開発研究者、患者を対象とした研究を行っている
大学研究者・教育者、医療機関で薬物治療の最適化を研究対象・業務対象としている医師・薬剤師等
コース

3コース同時開催

初心者コース

  • コースの概要と目標:
    NONMEMによるPopulation pharmacokinetic 解析の一連の手順や手法の習得を目標とした初心者向けのコースです。モデルデータを用い、NONMEMプログラムの起動、コントロールファイルの作成、解析、結果の評価を行います。
  • 対象:
    臨床薬物動態の概念はおおよそ学んでいるが、Population pharmacokinetic 解析を今まで行った経験がない方。

中級者コース

  • コースの概要と目標:
    モデル化合物を用いたPopulation PK及びPK/PD解析演習を通して,
    ・微分方程式を用いたユーザー定義モデルを含むモデルの作成
    ・共変量解析
    ・モデル診断方法
    ・シミュレーション
    の概念を理解し,実践できるようになること事が目標です。
  • 使用プログラムと必要なスキルレベル
    NONMEM, PsN, Xpose, Rを使用します。
    NONMEMについては初心者コースの修了レベルの方を対象とします。
    PsN, Xpose, Rについては使用経験の無い初心者でも問題ありません。

上級者コース

  • 上級者コースでは、PK/PDコンセプトからexposure-response解析の医薬品開発での活用までを扱います。exposure-responseモデルの理論と活用事例、陥りやすいピットフォール等について、講演とケーススタディ演習を通じて学んでいただきます。
  • スキルレベル:
    NONMEMとRを使って簡単なPK/PD解析が出来る。

※全コースにNONMEM7をインストールしたPCをご用意致します。

予定人数 初心者コース: 30名
中級者コース: 30名
上級者コース: 30名
日時 2019年8月22日(木)、23日(金)(2日間)
初日  9:00 受け付け開始 9:30 開会式
二日目  18:00 終了(予定)
意見交換会:2019年8月22日 18:00-20:30予定
場所 横浜薬科大学 横浜市戸塚区俣野町601 大学HP
参加費 一般:60,000円 大学・病院:35,000円 学生:20,000円
いずれのコースもPCレンタル代などを含みます。
主催 一般社団法人 医薬品開発のためのPopulation Pharmacokinetics/
Pharmacodynamics研究会
申込方法 参加登録はこちらから

テキストのみの販売はいたしません。
なお、参加コース分のテキストのみを配布いたします。